無店舗の風俗

ブランド物を身につけている女性

店舗をもたない風俗

一昔前までの風俗は、店舗型風俗が主流でした。しかし、現在ではデリヘルのような無店舗型の風俗が主流となっています。デリヘルや店舗型の風俗のように受付所が無いので、電話やメールで受付を行っています。接客する店舗が無いので、女性が男性客の自宅に行ったり、ラブホテルに行ったりして、接客を行います。そのため、出張ヘルスとも呼ばれています。店舗型の風俗と大きく違うのは、営業時間です。店舗型の風俗は深夜0時以降の営業は認められていないですが、デリヘルのような無店舗型の風俗は、そのような決まりは無いので、24時間営業しているところもあります。また、一番稼げる時間帯が20時〜深夜なので、デリヘルなら効果的に稼ぐことができます。また、基本的にどのお店も自由出勤制なので、自分が好きな時間に働くことができます。中には、昼間は違う仕事をして、夜デリヘル嬢として働いている人もいます。

仕事内容

風俗はソフトの求人もあれば、ハードな求人もあります。自分がプレイできる範囲の求人を選ぶことが大切です。デリヘルの場合は、キス、手コキ、フェラチオ、素股などのヘルスプレイが基本となります。最近では、マットプレイ、コスプレ、マッサージなど特殊なプレイに特化した求人もあるので、自分が好きなお店を選ぶと良いでしょう。プレイの流れは、部屋に入室したら、まずはお客様にコースやプレイを決めてもらいます。それからシャワーを浴びて、プレイという流れになります。プレイが終わった後もシャワーを浴びます。